スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WAWAWAシリーズ23 R水素講演会

WAWAWAシリーズ23 R水素講演会
スポンサーサイト

WAWAWAシリーズ その22 「くらしの中の憲法」 講演会

くらしの」中の「憲法」 講演会

WAWAWAシリーズ21のお知らせ

    大好評だった「広瀬隆講演会その1」にお応えして第2弾開催!

                      WAWAWAシリーズ 21

                 広瀬隆 講演会 その2


         原発 福島・人権 そして憲法!

            福島の子どもたちを救おう!


   講師: 広瀬 隆さん
 
   日時: 2013年6月2日(日)10:00~13:00

   場所: MAX福島4階 AOZ(アオウゼ)多目的ホール


             〒960-8051 福島市曾根田町1-18 024-533-2344


     福島原発震災から3年目の今も、事故の全容はつかめておらず、原発難民が

     15万人を超えています。原発被災者への賠償・保障は不十分極まりなく、

     健康やくらしの先行きの見通しはほとんど立っていません。

     先の衆議院選挙で自民党政権が復帰し、原発ゼロの見直しと原発再稼働の方

     が明言されています。憲法さえも変えようとしています。

     このままでいいのでしょうか? 私たちは今こそ、人権と平和について一緒に

     考えてみませんか。

【広瀬隆さん プロフィール】

1943年東京生まれ。早稲田大学卒業後、大手メーカー技術者を経て執筆活動開始。

一貫して原発の危険性を訴え全国的に活動展開中。

著書 ―「東京に原発を!」「第二のフクシマ、日本滅亡」など。当日、著書販売。


資料費 500円

事前申し込み 不要(当日参加歓迎)

連絡先 080-5563-4516(佐々木慶子)

主催 ふくしまWAWAWA-環・話・和-の会

WAWAWAシリーズ20のお知らせ


    みなさん、私たちと一緒に、学びませんか?

              WAWAWAシリーズ 20

         脱原発 何が違うの? ドイツと日本!

☆基調講演

  「世界から見た福島原発事故―IAEAは福島で何をするの!」

        講師:天木直人さん(元レバノン特命全権大使)

☆プレゼンテーション

        「ドイツはいかにして脱原発を実現したか?」

☆シンポジウム

        「政治とくらし、何が違うの ドイツと日本?」

         天木直人さんとドイツからのゲストを交えて


日時 2013年2月9日(土)13:30~16:30


場所 コラッセふくしま(福島駅西口より徒歩3分)

             〒960-8053 福島市三河南町1-20 024-525-4089


     今回の衆議院選挙は「脱原発」が最大の争点にはなりませんでした。

     安倍政権は「原発ゼロの見直し」「改憲」「軍備拡張」を明言しています。

     これからの福島そして日本のあり方について考えませんか?


【天木直人さん プロフィール】

1947年山口県生まれ。元レバノン全権大使 外務省中近東局第二課長 内閣安全保障室審議

官などを歴任。

レバノン大使時、「ブッシュのイラク戦争を支持」した当時の小泉首相に「米国のイラク攻撃を

支持してはいけない」と進言して外務省を解雇された反骨の元外交官。

著書に「さらば外務省」など。

「天木直人のメールマガジン」から毎日、反権力、平和外交の立場で政治・外交に関するブログ

を発信中。



参加費 500円

事前申し込み 不要(当日参加歓迎)

連絡先 080-5563-4516(佐々木慶子)

主催 ふくしまWAWAWA-環・話・和-の会

皆様、福島県にお集まりください!

    私たち、ふくしま・WAWAWA-環・話・和-の会は
          皆さんのご参加を呼びかけます!




★12・14 広瀬隆さん講演会

    『IAEAとICRP 国際原子力マフィアによる
     被曝強制の歴史と福島県内の深刻な被曝の現実』
          http://skazuyoshi.exblog.jp/19341398/

と き:2012年12月14日(金)午後6時~8時30分
ところ:郡山市労働福祉会館 3階 大ホール
    (〒963-8014 福島県郡山市虎丸町7番7号 電話:024-932-5279
         http://www.bunka-manabi.or.jp/kaikan/access.html)
資料代:500円
主 催:脱原発福島ネットワーク  TEL: 0246-58-5570       
    ハイロアクション福島原発40年実行委員会 TEL:080-1807-6999
    


★12・15 IAEAへ申し入れ

    IAEA福島閣僚会議へ
    要請書を手渡しします。

とき:2012年12月15日(土)9:30からIAEA・政府主催の閣僚会議開始
                 11:30 IAEA担当者へ手渡し行動
ところ:ビッグパレットふくしま
    (〒963-0115 福島県郡山市南二丁目52番地
     TEL.024-947-8010 FAX.024-947-8020
     http://www.big-palette.jp/07access/index-g.html)


★12・15 脱原発をめざす首長会議
  「脱原発をめざす首長会議」勉強会

とき:2012年12月15日(土)13:00~16:30(12:30開場)
ところ:郡山市労働福祉会館 3階 大ホール
    (〒963-8014 福島県郡山市虎丸町7番7号 電話:024-932-5279
         http://www.bunka-manabi.or.jp/kaikan/access.html)
▼一般傍聴者
事前予約制で80名(福島県民50名、福島県外30名)とします。
先着順となります。
下記をお読みの上、メールにてお申し込みください。
※申し込みについて※
件名に「12月15日 一般傍聴希望」として、以下を記載しご連絡ください。
①お名前、②ご連絡先(電話番号とEmail)、③お住まいの都道府県
【申 込 先】脱原発をめざす首長会議事務局(担当:越智)
E-mail : mayors@npfree.jp
【締め切り】12月11日(火) ※締め切りを延長しました

(プログラム)
13:00 開会の挨拶(桜井勝延南相馬市長、佐藤栄佐久前福島県知事)
◆原子力安全閣僚会議の問題点について◆
○「IAEAの問題点と世界における原子力産業・エネルギー政策の動向」
マイケル・シュナイダー Mycle Schneider
(原子力・エネルギー政策コンサルタント、The World Nuclear Status Report
編著者、フランス)

○「地域からエネルギーシフトを実現する道」
ウブェ・フリーシェ Uwe Fritsche
(国際持続可能性分析戦略研究所(IINAS) 科学ディレクター、ドイツ)

○「フランスの地方での取り組み」
オリビエ・フロロン Olivier Florens
(フランス緑の党 ヴォクリューズ県議会副議長、フランス)

◆福島のために全国の自治体は何ができるのか◆
15:20 被災地・福島の現状について
①福島の首長からの発言
②研究者、市民団体からの聞き取り
丹波史紀 (福島大学災害復興研究所)
吉野裕之 (子どもたちを 放射能から守る福島ネットワーク)

閉会の挨拶(三上元湖西市長)

◆記者会見◆
16:40 記者会見

主催:脱原発をめざす首長会議 http://mayors.npfree.jp/
(共同世話人)桜井勝延(福島県南相馬市長)、三上元(静岡県湖西市長)、
         村上達也(茨城県東海村長)


★12・16 フクシマ・アクション・
 
         プロジェクト市民集会


 ~海外からみた福島原発震災、福島から考える未来

16日の市民会議では、IAEA、世界保健機関(WHO)の実態について、海外から
ゲストをお招きしてご報告を頂きますとともに、福島県民にとっての福島原発事故に
ついて意見をし、「外からみた福島」「福島県民にとってのいま」を情報交換し、
今後の課題や、行うべきことについてお話合いができればと思います。
地元の皆様、県外の皆様、お気軽にご参加ください。

日 時 : 2012年12月16日(日)14:00~17:00
(開場 13:30)
場 所 : 郡山女子大学・建学記念講堂小ホール
http://www.koriyama-kgc.ac.jp/access
(駐車場台数に限りがあるため、できれば乗り合いや公共交通でお越
しください)
参加費: 500円  ※申込み不要

プログラム:
開会、趣旨説明(佐々木慶子)、挨拶(フランス議員団より)

第一部:IAEA、WHOの実態と現場の市民アクション(14:15~15:15)
○ラインハルト・ウーリヒ(GLOBAL2000(FoEオーストリア))
 IAEA設立の歴史、福島事故後のIAEAの対応、ウィーンでのアクション

○クリストフ・エラン(Independent WHO)
 WHOの真実、IWHOの活動(WHO前での沈黙のアピール)、
 厚生労働省前アクション

第二部:私たちのアクション~福島原発事故は終わっていない(15:30~17:00)
○武藤類子(フクシマ・アクション・プロジェクト)
○天木直人(元駐レバノン特命全権大使)
○ラインハルト・ウーリヒ
○クリストフ・エラン
○オリビエ・フロラン(EU 緑の党,ヴォクリューズ県議会副議長)

まとめ、東京・日比谷の「Nuclear Free Now 脱原発世界会議2」との中継、閉会
(司会:人見やよい)

主 催 : フクシマ・アクション・プロジェクト
問合せ(事務局): 080-5563-4516(佐々木)
プロフィール

WAWAWA1210

Author:WAWAWA1210
ふくしまWAWAWA-環・話・和-の会のブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
wawawaの会のカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。